行政書士法人 ウィアライズ

Loading

用途地域の証明(深夜酒類提供飲食店営業届出)について

【用途地域の証明(深夜酒類提供飲食店営業届出)について】

今回の記事は、「深夜酒類提供飲食店営業届出を出したい」人のために書きました。

申請先は警察署(公安委員会)ですので、まずは管轄の警察署へ相談しましょう。

用途地域によっては営業できない地域もありますので、場所を選ぶときは、用途地域に気を付けなければなりません。提出する書類としては、役所で「用途地域証明」をとってくることになります。建物の登記をもってゆくと、窓口でスムーズに対応してもらえると思います。

ただ、この用途地域証明は、地番で出ます。(登記を持って行くとスムーズなのはそのため。)しかし、物件の使用承諾書などは、住所で作成する事が多いと言えますから、地番と住所を紐づける(関連を証明できる)資料として、役所で証明書をとる必要があることが多いです。

やっかいなのは、建物が用途地域の境界線上に建築されている場合です。お店の位置がどの用途地域の側に入っているかに注意しましょう。書類上も、営業可能な用途地域内に入っている事を証明するために、理由書など、いつもとは違った書類を作成することもあります。

今日はこのへんで。


★☆★☆★【行政書士法人ウィアライズ】☆★☆★☆ 


★☆★☆★【行政書士法人ウィアライズ】☆★☆★☆ 
(那覇事務所)
〒900-0021
沖縄県那覇市泉崎2丁目1-4
大建ハーバービューマンション 501号室
電話番号
098-831-8086

※ 那覇高校の正門のななめ向かい側です。
※「ファミリーマート」の隣のマンションです。
※ 外にエレベーターが設置されています。直通ではないですが、乗り換えのエレベーターで、5階まで、お越しください。
※ 車で来所される方は、那覇高校側にコインパーキングがございます。

関連記事

  1. 飲食店営業許可(施設要件)について
  2. 会社設立(主に株式会社)について
  3. 宿泊施設にはお金がかかります
  4. 統括防火管理者は手続きが大変?!
  5. 示談書の書き方について
  6. 過去受任案件の振り返り(農地転用)
  7. 接待について
  8. 深夜酒類提供飲食店営業届出の出し方について
PAGE TOP