行政書士法人 ウィアライズ

Loading

宿泊施設にはお金がかかります

【旅館業許可の取り方について】

申請先は保健所ですので、まずは管轄の保健所へ相談しましょう。

 そのむかしいわゆる「ヤミ(無許可)民泊」というものが流行った時期がありまして、その名残でしょうか、いまだに「民泊(広義)」や「簡易宿所」などというと、設備資金ゼロで許可が取れて、儲けることが出来る、というような間違った知識をもった方もいらっしゃいますが、宿泊施設営業を開始するには、多額の資金が必要ですので、そもそもそこの点に注意しましょう。

 本来は法律上の許可基準ではなくても、行政指導によって紐づけられ、建築基準法に合致させて宿泊施設として使用する建物の安全性を確保すること、浄化槽などの設備の衛生の確保することも必要になり(場合がある)、こういったことにも、お金がかかります。

今日はこのへんで。


★☆★☆★【行政書士法人ウィアライズ】☆★☆★☆ 
(那覇事務所)
〒900-0021
沖縄県那覇市泉崎2丁目1-4
大建ハーバービューマンション 501号室
電話番号
098-831-8086

※ 那覇高校の正門のななめ向かい側です。
※「ファミリーマート」の隣のマンションです。
※ 外にエレベーターが設置されています。直通ではないですが、乗り換えのエレベーターで、5階まで、お越しください。
※ 車で来所される方は、那覇高校側にコインパーキングがございます。

関連記事

  1. 住宅宿泊事業届出(旅館業許可申請との違い)
  2. 医療法人設立認可申請について
  3. 接待について
  4. 産業廃棄物収集運搬業許可の取り方について
  5. 用途地域の証明(深夜酒類提供飲食店営業届出)について
  6. 旅館業許可の取り方について
  7. 会社設立(主に株式会社)について
  8. 建設業許可(人の要件)について
PAGE TOP