行政書士法人 ウィアライズ

Loading

住宅宿泊事業届出(旅館業許可申請との違い)

【住宅宿泊事業届出(いわゆる民泊)について】

今回の記事は、「(いわゆる)民泊をしたい」人のために書きました。

申請先は保健所ですので、管轄の保健所へ、まずは相談しましょう。

【届出の注意点】

以前のコラムでもお知らせしましたが、旅館業と住宅宿泊事業とは全く別で根拠法も違います。それぞれ申請者にとってメリット(いい方向に作用する面)とデメリット(悪い方向に作用する面)がありますので、それを踏まえて選択することになるでしょう。ただ、一般的には、旅館業許可が取れるならば、旅館業許可のほうが良いでしょう。

【考えられるポイント】

あくまで目安なのですが、住宅宿泊事業では、①法律や条例による制限で最大180日の営業に限定されてしまう点、②国土交通省登録済みの管理代行業者に管理を委託しなければならないケースが多い(特に法人では。)点が重要かと思います。これに対して、旅館業では、①365日営業できる。②もともと管理代行業という概念がない。ということになります。

行政書士法人ウィアライズ那覇事務所の前原でした。

今日はこのへんで。


★☆★☆★【行政書士法人ウィアライズ】☆★☆★☆ 

  


(那覇事務所)
〒900-0021
沖縄県那覇市泉崎2丁目1-4
大建ハーバービューマンション 501号室
電話番号
098-831-8086

※ 那覇高校の正門のななめ向かい側です。
※「ファミリーマート」の隣のマンションです。
※ 外にエレベーターが設置されています。直通ではないですが、乗り換えのエレベーターで、5階まで、お越しください。
※ 車で来所される方は、那覇高校側にコインパーキングがございます。

関連記事

  1. 飲食店営業許可(施設要件)について
  2. 用途地域の証明(深夜酒類提供飲食店営業届出)について
  3. 会社設立(主に株式会社)について
  4. 過去受任案件の振り返り(農地転用)
  5. 統括防火管理者は手続きが大変?!
  6. 示談書の書き方について
  7. 医療法人設立認可申請について
  8. 旅館業許可の取り方について
PAGE TOP